合同発表会

 第11回合同発表会が無事終了して、ホッとしているところです。皆様、お疲れ様で
した。ほんとに楽しい一日でした。
 私のソロで弾いた「無言歌」という曲は、19世紀後半にハイメ.ボッシュという
人が作曲した作品です。ハイメ・ボッシュは、カタロニアで生まれ、26才頃パリに
出て「ギターの王」と称された名手だったそうです。はじめて出会った作品で、愛ら
しくサロン的な雰囲気がとっても気に入っています。
 はじめ簡単そうに思えたのですが、ハイポジション、スラー、ハーモニクス、アル
ペジョなど基本的な弾き方のできていなかった私にとって、とてもいい練習となりま
した。また、表現の付け方など基礎に基づいたいろいろな理論をわかりやすく指導し
ていただいて、これもほんとうに勉強になりました。本番では、力を抜くことと、心
を込めて弾こうということを考えていました。何カ所かはぜったい失敗しないように
と練習を積んだのですが、ハーモニクスが弾けなくてホント悔しかったです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください