岩崎慎一ギターリサイタル

7月21日(土)午後3時より、京都NAMホールで、標記のリサイタルが開催されました。岩崎慎一さんの演奏は、京都ギターセミナーでお聴きしたことはあるのですが、ソロの演奏会は初めてです。会場でNag先生をはじめ、ラグリマの皆さん、ソレイユHayさんにもお目にかかりました。

プログラムは、以下の通りです。

・セビリア風幻想曲(J.トリ-ナ)

・アンダルーサ(E.グラナドス)

・前奏曲5番、前奏曲2番、マリエッタ、マズルカト長調、アラビア風奇想曲          (E.タレガ)

・ソナタ Op.61(J.トリ-ナ)

(休憩)

・羽衣伝説(藤井敬吾)

・マドローニャス、トリーハ、セギディーリャ(F.モレノ=トローバ)

・アメリアの遺言、盗賊の歌、聖母の御子(カタルーニア民謡 M.リョベート)

・セビーリャ(I.アルベニス)

アンコールは、エストレリータ(ポンセ)、カローラ(ラウロ)、フェリシダージ(ジョビン)の3曲で、2時間にわたる熱演でした。ときには甘くささやくような音色から、ときには激しく迫る音色というように、表現力豊かな演奏で、岩崎ワールドに魅了された夏の午後でした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です