12thサロンコンサート 藤井敬吾(Gt)・由美(Pf)、植村菜穂(Vn)(13/2/17)視聴記

こんにちは、iwaiwaです。

「12thサロンコンサート 藤井敬吾(Gt)・由美(Pf)、植村菜穂(Vn)」を聴きに行って
きましたので、その様子をお知らせします。

1. 名称:  12thサロンコンサート 藤井敬吾(Gt)・由美(Pf)、植村菜穂(Vn)

2. 日時:  2013年2月17日(日)14:00-16:10

3. 場所:  なかしろ和楽館サロン(京都・宇治)

4. 料金:  無料(要事前連絡)

5. プログラム:
 (1) N.パガニーニ/協奏的ソナタ(Vn、Gt)
 (2) 藤井敬吾/”むすんでひらいて”の主題による変奏曲(Gt)
 (3) 藤井敬吾/羽衣伝説(Gt)
 (4) F.ショパン/レントコングランエスプレッシオーネ(Pf)
 (5) F.カルリ/ギターとピアノのための二重奏曲(Gt、Pf)
 (6) N.パガニーニ/ネルコルピュウの主題による変奏曲(Vn)
 (7) E.ラロ/スペイン交響曲より第4楽章(Vn、Pf)
 (8) J.トゥリーナ/ジプシー舞曲集よりサンブラ(Pf)
 (9) M.デ・ファリャ/粉屋の踊り(Gt、Pf)
 (10)藤井敬吾/ピアソレーション(Vn、Gt)
 (11)藤井敬吾/シャボン玉変奏曲(Vn、Gt、Pf)
 (12)藤井敬吾/かごめかごめのトッカータ(Vn、Gt、Pf)
 アンコール

 (13)J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・パルティータよりジーク(Vn)
 (14)A.ルビラ/禁じられた遊び(Gt、Pf)
 (15)藤井敬吾/かごめかごめのトッカータ(Vn、Gt、Pf)

6. 感想(今回はごく簡単に記します):
 (1) 会場のなかしろ和楽館サロンは、近鉄・大久保駅から徒歩15分、
   JR新田駅から徒歩10分くらい。学校の講堂風の広いスペースに
   約100名ほどの聴衆が集まっておられた。ソレイユのHayさん、
   Skaさん、Itaさん、高槻GCの方々も来られていた。
   ソレイユ・高槻GC用特等席(演奏者のすぐ右隣)に座らせて
   いただけた。また、小生の古い友人のM氏(城陽市在住)が来
   られていて20年ぶりくらいに旧交を温めることができたことは
   幸いであった。
 (2) 1曲目のパガニーニは「ギターの演奏者でもあった作曲者が
   ギターとヴァイオリンを対等に扱って作曲した」との解説の後、
   演奏。技巧的な難曲を難なくこなすヴィルトゥオーゾの技を
   聴かせていただいた。
http://www.piano.or.jp/concert/school/artist.html
   2曲目、3曲目は藤井先生ご自身の作品を超絶技巧も駆使し
   ながら、聴衆を魅了する演奏。 「むすんでひらいて–」は小生
   が弾きたい曲の一つだが、この超絶演奏を聴くと小生にはとても
   無理そう–。
 (3) 4曲目は、「映画、戦場のピアニストの主題曲として使われた。
   ショパンが故郷を思う気持ちをお姉さんに託した曲」との説明
   の後、由美先生の演奏。5曲目のカルリは「ギターとピアノが対等
   に扱われていて、家庭円満に行くように書かれた。ギターとピアノ
   は共に発弦した後に音が減衰するという共通性を持っている」
   との解説の後、円満な夫婦らしい息の合った演奏。
 (4) 約15分の休憩の後、後半はスペインの曲と藤井先生自作曲を
   中心としたプログラム。10曲目はピアソラ風のタンゴを模した曲。
   11曲目はおなじみのシャボン玉「屋根が吹っ飛んだ」ギャグが、
   今回は今一つ聴衆に受けなかった様子。12曲目のかごめは、
   6弦を打楽器のように駆使したリズムが楽しい。
 (5) 鳴りやまぬ拍手に応えて、大サービスのアンコール3曲。終了後、
   お茶と軽食(サンドイッチなど)が供された歓談タイムがあった
   ようだが、小生はお先に失礼させていただいた。

という訳で、2月の寒空の元、ギター、ピアノ、ヴァイオリンの爽やかな
調べを満喫できた一日でした。

では、素敵な2月後半をお過ごしください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください