愛するギターのメンテナンス

ギターの綺麗な音色を出すにはメンテナンスが大切です。

ギタークラブソレイユOGのギターを綺麗に掃除・メンテナンスしました。
購入価格30万円以上した高価なギターですから定期的に綺麗に掃除したいでしょうが、そのような機会を設けるのは、なかなか難しいですね!!

1.サンドホールの中も綺麗に!

早速、まず古い6弦を外し、新聞紙を細く裂いて霧吹きで水分を染み込ませてサンドホールの中に入れマラカスのように振って、中のホコリやゴミを吸着させ取り除きました。

2.フレットの金属も光輝き出しました。

特にフレットの部分は指で常に押さえるので、ギターを購入して以来掃除していなかったこともあり結構汚れてフレットの指板の金属も鈍い白色に変色していました。

指板の金属が変色している
▶指板の金属が変色している。

指板の金属をサビ落しする
▶指板の金属をサビ落しして行く

フレットの金属のサビを落しました

▶フレットの金属のサビを落しましたが、購入当時の金属の輝きが復活したようです。

フレットの金具もサビて変色していましたが、サビ落し剤を塗り拭き取るとテッシュに黒く汚れが付き、ピカピカに光り輝きだしました。気持ち良いですね~

糸巻きのねじ部にグリースを塗る
▶糸巻きのギア部に綿棒でグリースを塗り弦がスムーズに巻ける準備が整いました。

ギターボディの磨き上げの準備が整いました。
▶古い弦をすべて取り除きギターボディの磨き上げの準備が整いました。

3.ギター全体を綺麗に磨き上げました。

ギターの掃除用

①ギターポリッシュ(右)

良い演奏の第一歩は、ギターのコンディションをいつも最高に保つことから始まります。
ギターの長持ちする光沢を保持します、竹エキス配合で除菌効果もアップします。

②ギターボディの汚れ落とし(中)

天然果実から抽出した成分でギターの塗装面にやさしく、ナチュラルな汚れ落としです。
老化したワックスや不純物を取り除き塗装面を整えます。

③指板潤滑剤(左)

スムーズに指と弦及び指板との摩擦を少なくし運指を滑らかにするためのスプレーです。
また、弦のサビ止め、寿命を長くします。
弦及び指板一面に軽くスプレーし、柔らかい布で拭き取ります。

4.最後に弦を交換、音量アップ綺麗な音が響きます。

3年ほどギターの弦は交換してなくギターの弦もグレードの高い丈夫な弦に交換しました。
アマゾンで購入しました⇒こちら

オーガスチン クラシックギター弦

▶AUGUSTINE オーガスチン クラシックギター弦 リーガル ブルーセット REGAL/BLUE SET

  • ハイテンション
  • Trebles: REGAL, Basses: BLUE
  • リーガルは、音色、ピッチの安定度、耐久性、音量と、あらゆる面で最高のクオリティを目指して作られた高音弦です。

更にクリアな音を目指すため、弦の固定はクリアトーンを購入して弦を固定しました。
以前クリアトーンの記事を投稿しました。下記をクリックしてください。
クリアトーンを 現代ギター社からネット購入しました。

5.まとめ

弦交換も完了して、調弦しました。
弦交換完了①
▶ギター糸巻き側 サビも無くとても弦がキレイです。

弦交換完了②
▶ギターのサンドホールの側 弦の固定はクリアトーンを使用しました。
アマゾンでクリアトーン購入⇒こちら

音量もアップして全面に音が押し出すようなクリアな本来の音色になりました。
今回のギターをお持ちのギタークラブ ソレイユOGの方も大変喜んでいただき、ギターもピカピカになり、更にご自分のギターに対する愛情が増したと思います。
私もしっかりメンテナンスした甲斐がありました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ギタークラブ「ソレイユ」ホームページへ

ギタークラブソレイユHP

過去の記事

ブログ統計情報

  • 5,164 アクセス
TOP